お好み焼きは栄養バランスが良い?理由と入れる具材のポイント – オリバーソース公式オンラインショップ

今ならだしソース1本プレゼント♪

お好み焼きは栄養バランスが良い?理由と入れる具材のポイント

お好み焼きは栄養バランスが良い?理由と入れる具材のポイント

お好み焼きは、それだけで幅広い種類の栄養が取れるため、バランスの良い料理です。

たっぷりの野菜や肉、魚介類などが入っていて栄養満点のイメージがありますが、本当に栄養バランスや種類が豊富なのかどうかを理解している人は少ないでしょう。

 

そこでこの記事では、お好み焼きの栄養バランスについて詳しく紹介していきます。

また、お好み焼きは作り方や入れる具材によっても栄養が変わるため、たっぷり栄養を摂取するためのポイントも解説していきます。

お好み焼き一枚で栄養満点を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

お好み焼きは栄養バランスが良い!

お好み焼きは栄養価が豊富で、1品でたっぷりの栄養を補えます。

野菜が入っているのはもちろん肉や魚介類、卵でタンパク質も摂取できるのが特徴です。

ここでは、なぜお好み焼きが栄養豊富だと言われているのか詳しく見ていきましょう。

理由1:野菜がたっぷり摂取できる

 キャベツ

お好み焼きにはキャベツがたっぷり入っているため、自然に野菜を食べることができます。

そのため、野菜が不足しがちな食生活をしている方にもおすすめです。

また、みじん切りにした人参や玉ねぎを入れると甘みが増して美味しく、野菜が苦手な子供でも手軽にビタミンやミネラルを摂取できます。

お好み焼きに入れる野菜はキャベツが定番ですが、特に決まりはないので好きな野菜を入れてアレンジを楽しめるのも嬉しいポイントです。また、ネギやもやしなどの残り野菜を使っても美味しく作れます。

理由2:タンパク質もしっかり摂取できる

たんぱく質 プロテイン

お好み焼きには小麦粉などの粉類と野菜のほかに、卵・肉・魚介類などのタンパク質も豊富に含まれています。

卵は「完全栄養食」とも言われており、ビタミンや食物繊維以外の栄養素が含まれている食材です。

 

足りないビタミンや食物繊維はキャベツから摂取できるほか、体内では作れない必須アミノ酸も豊富に含んでいます。

さらに、お好み焼きによく使われている豚肉もタンパク質や必須アミノ酸が豊富です。

卵・豚肉・キャベツの組み合わせは非常に栄養バランスがよく、お好み焼き1品だけでも十分な栄養が摂取できます。

 

理由3:ほどよい糖質がエネルギー源になる

 

お好み焼きを作る際は、小麦粉やお好み焼き粉などの粉類を使用します。

これらは「炭水化物」と呼ばれる栄養素で、糖質と食物繊維に分けられるのが特徴です。

粉類はほとんどがエネルギー源となる糖質で、豚肉に含まれるビタミンB1が糖質の代謝を促してくれます。

 

一般的に糖質と聞くと太るイメージがありますが、健康に過ごす上では欠かせない栄養素のひとつです。

もちろん、摂りすぎれば太りやすくなってしまいますが、お好み焼きの場合にはキャベツなどの野菜や具材で口に入れる量を増やしているため、少ない量の粉類でも十分美味しく作れます。

どうしても糖質が気になる方は、具材の組み合わせを工夫してみてください。

 

お好み焼きで栄養を取るためのポイント 

お好み焼きは栄養が豊富だと紹介しましたが、具材の組み合わせなどによって味わいや栄養素が異なります。

ここでは、栄養を効率よく摂取するためのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント1:野菜をたっぷり加える

お好み焼きで栄養を摂取するためには、野菜を多めに入れるのがおすすめです。

その際、大きめにカットした野菜を入れると食べにくくなってしまうため、たっぷり野菜を入れたいなら小さめにカットしましょう。

キャベツなら千切りや粗みじん切り、人参や玉ねぎはみじん切りにして入れるのがおすすめです。

細かくカットしてあげると、子供でも食べやすくなります。

野菜を多く入れると水っぽくなりやすいので、水などの水分は少なめにして作ってみてください。野菜だけでなくキノコ類を入れ、食物繊維をプラスするのもおすすめです。

ポイント2:肉と魚を上手く組み合わせる

お好み焼きに使われる豚バラ肉には脂質が多く含まれているため、摂りすぎるとカロリーオーバーになりやすいことが特徴です。そのため、脂質が少なく高タンパク質な魚介類を上手く組み合わせましょう。

とくに、ホタテ・イカ・エビなどは低脂質でタンパク質が豊富なだけでなく、うまみもプラスできるのでおすすめの具材です。

まとめ

この記事では、お好み焼きの栄養について詳しく紹介してきました。

お好み焼きは野菜もたっぷり摂取でき、タンパク質や糖質などの栄養バランスが良いおすすめの料理です。

また、使うソースや具材の組み合わせなどによって栄養や味わいが異なります。

入れる具材などもアレンジしやすいので、栄養素を考慮しながら自分好みのお好み焼きを作ってみてください。

 

お好み焼き用ソースのご購入はこちら

お好みソース

お好みソース 紹介

お好み焼ソース関西

 お好み焼ソース関西 紹介

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。